映画「にしきたショパン」は、当面の間、資金支援のお願いをストップいたします(2020年6月より再開)。

現在、全国で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響で、京阪神の各映画館もこれまでにないほど動員が激減、すでに経営が危機的状況に陥っています。

今後も被害が拡大していくことが予想され、この状態が何ヶ月も続くと、資本力を持たない小さな映画館は次々と閉館に追い込まれてしまうでしょう。

そこで、Save Our Local Cinemas というプロジェクトが立ち上がっています。

京都みなみ会館の吉田館長がデザインしたTシャツです。

この販売を通じて、利益は、参加映画館に均等分配されます。

販売期間は4月12日(日)23:59までです。

どこも厳しい状況ではありますが、映画館存続のため、お力をいただけると幸いです。

Save our local cinemas
〈関西劇場応援Tシャツ販売〉

Save our Local Cinemas

7月加筆・・・

さまざまなクラウドファンディングが支援のため、立ち上がりました。

移動制限も緩和。

しかし、ウィルスが消えたわけでは無く・・・奮闘が続いているようです。