かつて、エジソンが、35mmシネサイズの規格を決めて以来、映像は細長いフィルムにパーフォレーションという穴を持つタイプに記録されました。(ほとんどの映画に使用されるサイズです)。

後にオスカー・バルナックがこの映画フィルムをふつうの写真に応用し、2コマ分の36mm×24mmを1コマにした「ライカサイズ(別名35mmフルサイズ)」のカメラを開発。

そうして写真のフィルムが生まれたようです。

家庭用には、8mm幅の記録フィルムが使われました。

そして2000年代。

機材やアプリの進化で、誰もが簡単に動画を作成できるようになってきています。

写真を誰もが楽しむようになり、映像も、コンピュータの登場でCG(Computer Graphics) , 3Dムービーを使うなど、大きく方法が変わりました。

スマホのアプリなどを使えば直感的な操作で簡単に映像も作れるようになりました。

より専門的な分野では、大学の授業では追いつけないほどのスピードで進化・研究をされていて、どんどん新しい方法が編み出されています。

もうここまでくると、本当に、ただただ、びっくりするばかりです。

映像と静止画の融合

映像技術が進展する過程でフィルム(静止画)が生まれましたが、今度は逆方向にミックスするのもあり、な感じに向かっているような気もしています。

そのとき、大切なのは、物語の語り方かなぁ、と。

動画は、写真と違い、ある一定の時間を見続けなければいけない、つまり人の時間を奪うもの。

なので、効率良い伝え方も重要になってくると感じます。

2018年時点での映像関係の技術を全て学ぶ、というのも、学んでいるうちに次々と、新しい技術が現れるので、なんだか、一生勉強なんじゃないかと思えます。

その変化の激しい、そして新しい映像表現技法を系統立てて、ビジネスとも、うまくつなげていく為に、作られたサイトがあります。

名前は、「Vook

こういう映像撮影を頼めるところはどこ?なんて時にも、役立つと思います。

株式会社GAIA Confidence

次世代型のデジタルサイネージテーブル

 

拡張現実(AR, Augmented reality)が、現実の捉え方をどのように変えるか?

仮想現実(VR, Virtual Reality)動画

グラスをかけて、仮想現実にアクションを使って手を加えられる体験。

プロジェクション・マッピング

投影される対象は建築物だけではく、靴、テーブルや椅子、額縁、描かれた絵、人体、部屋、鞄、楽器、樹木などありとあらゆる物を対象としている。

対象に投影する映像は、一般的な動画編集ソフト(After EffectsやMotionなど)を使ってあらかじめ現場毎に専用の映像を作成する例と、専用のソフトウェアを使用する例がある。作成方法は図面などのデータから3Dでモデリングをしたり、写真を撮影して補正したりしながらパーツを作るという方法や、実際にプロジェクションをしながら対象のパーツや位置取りを行う方法がある。

ドローン(小型無人航空機)

観光用映像、測量、災害時の情報収集、農業、産業など、使用分野は、広がりつつあります。

・自分のビジネスが安定した成長路線に乗れていない ・毎月のキャッシュフローに常に不安がある ・先行きがどうなるか、ときどき怖くなる ・新規の顧客開拓に悩んでいる ・リピーターが少ない ・短期的には稼げても、それが安定しない こういう悩みを抱えているのなら、一度、自分自身のビジネスにおける、『戦略』が正しいものか、振り返って考えてみる必要があります。 あなたのビジネスに次元上昇(アセンション)を起こす【個人・小規模事業主のためのビジネスアセンション講座】 無料で受講できるメールレクチャーです→ご購読はこちら