芦屋ジャズフェスティバル2018

芦屋ジャズフェスティバルをチームで撮影してきました。

ジャズフェスティバル実行委員長のクリス・チアリさんを中心に、たくさんのスタッフがボランティアで参加。

多くの人が訪れることで、芦屋の街の活性化にもつながれば、と思い、参加させていただきました。

 

14会場に19名のフォトグラファーたち。

2017年はのべ1万人、2018年は、なんとのべ2万人が足を運んだそうです。

 

さらに、テレビでも放映されました。

Content not available.
Please allow cookies by clicking Accept on the banner

 

普段、会うことのない、そして同じく写真が好きな人たちと出会うことができ、これも一つの収穫だなぁ。

そして、このようなイベントがなければ知ることの無かったお店やお店のスタッフ、ミュージシャン達にも出会うことができました。

お客さんと「どちらか来られたんですか?聴きにきていただいてありがとうございます」などど、和やかにコミュニケーションしている姿もよかったなぁ。

公式サイトはこちら

 

普段、夜営業のバーでの撮影でしたので、自然光の扱いがなかなか難しかったです。

  

   

出演したミュージシャンのうち、ウェブサイトをお持ちの方がいらっしゃいますので、ご紹介。

愛川 聡

ミュージック・カレッジMESAR HAUSで学ばれた方。

JAZZ&Latinの演奏家としてMotion blue横浜や渋谷J’z BlatどのJAZZスポットをはじめ、日本全国また海外でライブ活動を行うと同時に、様々なアーティストのレコーディングやサポートなどの活動を展開。

また、二胡やアコーディオン・ 篠笛・和太鼓など伝統楽器との活動も積極的に行い、活動内容は多岐に渡る。