ベルギーの奇想天外アート

兵庫県立美術館の屋根

 

ベルギー奇想の系譜

とてもリアルで、独特の空想力。
ふだんの考えと全く違う角度から切り込まれる視点に、ドキッとさせられたり、うまいこと言うなぁ、とニヤリとさせられたり、
堅いアタマを柔らかくするような世界。


公式サイトはこちら

IMG_4200

開催日程

宇都宮:2017年3月19日(日)~5月7日(日) 宇都宮美術館
神戸:2017年5月20日(土)~ 7月9日(日)兵庫県立美術館
東京:2017年7月15日(土)~ 9月24日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム
*詳細は公式サイトをご確認ください。

IMG_4199

ベルギーの美術史

なんかちょっと変な絵を描く人が多いな、という印象があります。
ベルギーは、イギリス、フランス、ドイツというヨーロッパの三大国の真ん中にあります。貿易の中継点となり、商業文化に恵まれたため、様々な国からの侵略を受け、それが常にドクロなど死のモチーフが現れることがあるようです。
タイトル文字をクリックすると、作品年表があります。

IMG_4206

気になった絵

15-17世紀では、寓話的な作品があり、細部まで細かい描写で、間違い探しのようにじっくり見入ってしまいました。特に、ルーベンスの素描の細かさ、デッサンの確かさには、脱帽しましたねー。よくここまで描けたな!
19世紀末から20世紀初頭では、フェリシアン・ロップスの絵のメッセージの込め方が、あ、なるほど!となりました。
20世紀から現代は、ポール・ヌジェというシュルレアリズム写真作品ですね。まだ、絵画の延長のような写真の撮り方に、新鮮さを感じました。マグリットも、どんな思考か、非常に気になりました。

歴史や文化の背景知識がないと、なんでこんな暗くてグロいねん、こんなんがウケるって何?というのが第一印象に来そうです。でも。歴史を知ると、あ、そりゃそうなるわな。人間の本質に暗い方からせまってるんやな、でも、ユーモアで重くなりすぎないようにしてるんやな。みたいな感じに変わります。

私がベルギー現地で見たのは、ヤン・ファン・アイク Jan Van Eyck『神秘の子羊(Het lam Gods)』(ゲント、聖バーフ大聖堂)でした。これも解釈が難しい・・・(興味ある人はリンク先を見てね)

きっと、当時は死体を見たり、血がながれることも、日常のうちだったのかもですね。

不思議な物語

公式サイトで、ポスターに使われているヒエロニムス・ボス工房「トゥヌグダルスの幻視(Tondal’s Vision)」にまつわる話は以下です。

「トゥヌグダルスの幻視」

アイルランドの騎士が語ったとされる逸話です。主人公の騎士トゥヌグダルスは、3日間の仮死状態に陥っている間に天使によって天国と地獄に導かれ、そこで恐ろしい懲罰を目にし、目覚めた後に悔悛します。本作は、左下に主人公と天使、さらには「七つの大罪」(「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」)とそれに関連づけられた懲罰が各所に描かれています。」

描かれた時代は、レオナルド・ダ・ビンチと同じ頃だそうです。

クリストフォロス(Χριστόφορος, Christophoros)

クリストフォロスとは、ギリシャ語で「キリストを担う者」という意味。そんなことから、聖クリストフォロスの像には、このように、キリストを背負ったイメージが結びつきました。実際のクリストフォロスは3世紀頃の人であり、キリストの同時代人ではなかったそうです。

クリストフォロスに関する伝承はさまざまなバリエーションがあるそうですが、その一つをご紹介。

「ゴルムという巨人が農場で父に仕えていた。なぜなら父はゴルムにとって「もっとも偉大な主」だったからである。しかし、ある日父が王に税を払っていることを知り、父より強い王こそ「もっとも偉大な主」と思い、これに仕えようと旅に出た。

しかし、対面かなった王は「自分にとっては悪魔が恐ろしい」といった。ゴルムは今度は悪魔に仕えようと思い、旅にでた。やがて悪魔がゴルムの前に現れ、共に訪れる町を破壊するよう命じた。悪魔こそ「もっとも偉大な主」だと考えたゴルムは町を壊してまわったが、悪魔は教会だけは壊してはいけないといった。なぜならそこは「王の中の王」が住む場所だからだという。これを聞いたゴルムは悪魔と別れ、「王の中の王」を探した。

ある川べりで彼は「もうすぐ王の中の王がこの川を渡るだろう」と聞いた。ゴルムは川べりに住み、無償で人々が川を渡るのを手伝いながら「王の中の王」を待った。

数十年たった冬の日、小さな男の子が川を渡りたいと現れた。年老いたゴルムは快く引き受けて川を渡っていたが、川を渡り終えると、男の子はその姿を変じ、イエス・キリストとなった。ついに「王の中の王」を目にしたゴルムは感激し、「とうとう会うことができました」と言った。しかし、イエスは今までゴルムが川を渡した人々すべてがイエス・キリストであるといい、彼に「クリストフォロス」と名乗るよう言ったという。」

様々な伝説が絵のモチーフになっていて、さらに想像力が生み出した絵の奇抜さに、びっくりしたり、感心して、視点の違いや、ビジュアルの刺激をたくさんもらいました。

そのうち、何か撮れそうです。

また、ベルギーのゲント出身のシンガーソングライター、Sioenのコンサートも開催されたようです。

Photographer