カテゴリー: Camera

カメラ機材やテクニック関係

世の中にはアマチュアからプロまで、様々な人が写真を撮っています。 デジカメになって、それがかなり加速していて。。。どんな写真が良いのか。 私も写真を撮るのは好きだし、それは、被写体となってくれた人を理解したい、喜んでほし […]

続きを表示
inspiration

かつて、エジソンが、35mmシネサイズの規格を決めて以来、映像は細長いフィルムにパーフォレーションという穴を持つタイプに記録されました。(ほとんどの映画に使用されるサイズです)。 後にオスカー・バルナックがこの映画フィル […]

続きを表示
ニコンのレンズ

今まで、カメラレンズを実際、イラストや文字で解説したものでなく、実際に中を見たことある人は、きっと少ないのではないでしょうか? とても精巧に作られているがゆえに、どこかブラックボックスのように感じていたり。 そんなあなた […]

続きを表示
inspiration

世に写真を撮る人は星の数ほどいますが、私は常に、傑出した人を見つけては、取り憑かれたように、彼らの仕事に見入ってしまいます。 写真をとおして出来ることへの可能性を見つけて興奮している。その瞬間、私は目をキラキラさせて、生 […]

続きを表示
colors in digital

人間の目の優秀さ 人間の目は、デジカメやモニターなどの機械に比べると、遥かに優秀です。優秀な故に、現時点では、機械は人間の目と同じように動作できません。(AIが発達したら、もしかすると変わるかもしれませんが・・・) 自覚 […]

続きを表示
MonopodTripod

特定の商品を勧めるというより、使い方の知識について、書いてみます。 三脚、一脚は、まず、太いものから順に足を伸ばしましょう。細い方から伸ばすと安定が悪いです。また、足を閉じた状態で高さを揃えましょう(動画参照)。 三脚 […]

続きを表示
inspiration

ユーサフ・カーシュ(Yousuf Karsh 1908-2002) 「KARSHに撮られることが世界のセレブリティであることの証である」とまで言われた、トルコ出身のアルメニア系カナダ人写真家。 1932年カナダのオタワに […]

続きを表示
早朝の大神神社参道

レンズで光を集めた状態の太陽光がいかに危険か、ご存知でしょうか? 直接、裸眼で見るのはもちろん、カメラ(デジタルでもフィルムでも)もダメージを受けてしまいます。 アメリカのアイオワ州にあるカメラ店、Every Photo […]

続きを表示

写真展を開催するとなると、避けて通れない場所選びとプリント代や案内ハガキなどの資金。 なかなか敷居が高くなってしまいます。 SNSに投稿しても、タイムラインで流れていってしまう。もしかしたら、アップしたことも知らない友人 […]

続きを表示
桜

  自己肯定感を生み出すツールとして あなたが頭の中で考えている映像と、実際の自分の映像、実は違うのです。 言葉を重ねるより、画像を見れば、一瞬で、理解できます。 例えば、役員の執務室に呼ばれ、そこに家族写真や […]

続きを表示