フラメンコの音楽 ざっくりと – Fox-walk Photo Gallery

フラメンコの音楽 ざっくりと

フラメンコを観るとき、音楽が分かると、さらに面白かったので、いくつか、簡単にご紹介。

セビジャーナス    Sevillanas

全アンダルシア中で最も象徴的な民謡。習いに行くと、まず練習するのがこの曲で踊ること。

理由は、フラメンコのさまざまな大切な要素が組み込まれていから。セビジャーナスをしっかり学ぶことは、』フラメンコ舞踊たつの大きな一歩と言われています。

シギリージャ Siguiriya

ジプシー達の世俗的悲劇の苦悩、嘆きの歌であり、歌い手にとって最も難しい曲のひとつ。

葬儀での悲しみを嘆きや悲鳴をあげて故人の家族に付き添う女性達たち“プラニィデーラス<泣き女を主題とした古いトナ>”が進展して変形した曲と言われています。

ソレア  Solea

ソレアは人生のあらゆる状況を情念を込め、孤独の真髄を歌い上げる。その歌詞はゆっくりと荘厳な強調が特徴で、もの悲しく憂いに満ちています。それらはさらに地理、唱法により細かく分類されています。

ソレアはカンタオールの限界を知らしめる曲として、フラメンコの全ての要素を含んでいます。

 

さらに詳しく知りたい方のために

こちらのサイトが詳しく載っています。

⇨ イベリア

 

Photographer