地下鉄で浴衣・水着ファッションショー – Fox-walk Photo Gallery

地下鉄で浴衣・水着ファッションショー

有馬にて、下駄のアップ

En Vie September 2013 Issue (Japanese) p.102
Fashion in Motion 揺れ動くファッション に記事掲載されました。

私はアメリカ人ライターとペアを組んで撮影しました。取材先とのやりとりは私が行い、どう動くかを英語でライターの人に伝えることも行いつつ・・(多言語ウェブマガジンのため)

で、ここはどこなのか?

実は地下鉄なのです。

その名も「チカテツコレクション」

大阪市交通局の地下鉄80周年・市営交通110周年を記念した企画の一環で行われました。

実は、30年前にも、地下鉄50周年を記念して同様のファッションショーがあったそうです。

(当時の比較記事はこちら

時代を感じますねー。

特別ゲストは、モデルの秋元梢さん。とっても髪が美しいなぁーと思いました。しかも、大丸梅田店で、ファッションショーに使われた水着、浴衣も見ることができるのでした。

普段と違う、床が不安定な列車内、それでも、モデルさんたちはさすがプロ、しっかりした足取りで歩いておられました。

音響も照明も、きっちりしていて、非日常な車内となりました。

下の写真が、私の撮影した写真を使った記事です。

前を通るたびに、「かわいいー♡」という声が上がっていました。

ゆかたは、湯帷子(ゆかたびら)の略で、もともと貴人が沐浴の時に着用した麻の単衣のことだそうです。

通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装となります。

必要なもの

ゆかた、半幅帯、腰紐1~2本、伊達締め、キモノスリップ、下駄
帯、伊達締め、腰紐の準備

 浴衣のサイズ→

「お仕立て上がりの浴衣の場合、一番ネックとなるのが裄丈(袖の長さ)。 これは、身丈(首から足下まで)と違い調整はできません。」

着付けについては、下記を参考にどうぞ!

(引用元;ゆかたの歴史

https://www.youtube.com/watch?v=FVl1PvzUXH0https://www.youtube.com/watch?v=Uwg7FxdwUo8

Photographer