マカオ 印象に残ったもの

今回は、あいにく雨続きの天候で、なかなか青空を見ることは叶いませんでした。

それでも、午後は雨がやむ事が多く、散歩には良い感じでした。そんな中、ちょっと気に入った雰囲気の通りを発見。

昔は遊郭だったそうで、マカオの上流階級の人々が夜ごとに集まったそうです。ちょっと独特な雰囲気。

昔の中国風情を残しているため、香港映画のロケ地にもなっている(創業1873年の安宿「新華大旅店」は、トニー・レオンやフェイ・ウォン、チャン・ツィイー、木村拓哉が出演した香港映画『2046』にも登場する)。

どうりで、フォトジェニックなわけですな。写真を撮っているとこういうのに、鼻がきくようです。

セナド広場から歩いて10分ほどです。

道教の神様がいっぱい

歩いていて気になったのが、「福徳正神」という文字が書かれた祭壇のようなもの。道端や店の中、色々な場所で見かけます。

調べると、道教の神様の一人で、「中国の民間信仰における土地の守護神である。別名は福徳正神もしくは土地公ともいう。」「土地の神の信仰が始まったのは一世紀ごろと考えられ、それ以降、戦争や災害、疫病などが起こるたびに祈りを捧げられた。」(wikipedia)

土地や不動産 ビジネスや財を護る神様で  中国、特に台湾では民間の信仰がとても厚く 日本で言う産土神、鎮守の神様に相当し 不動産業を営む方にとても信仰されています。
毎日、お水を取替え、線香を上げます。日々の生活を守っていただく神様なんですね。

このような逸話も残されています。

「福徳正神は本名を張福徳と言い、子供のころから頭がよく、三十六歳で朝廷の税務総官となりましたが、人々の苦しみを知り、たくさんの善いことをした官僚でした。百二歳で亡くなりましたが、死後三日間その表情は変わりませんでした。ある貧しい家が四つの大きな石で石谷を立てて彼を祀ると、見る見るうちに金持ちになりました。人々はそれを神様の霊力だと信じ、金を出し合って廟をつくり、金の像をつくって彼を祀りました。」

(マカオ政府観光局

竹の足場

歩いて見つけた香港のなぜ

竹の足場

写真は、香港で見かけた工事中のビル。

なんと、足場に竹が使われております。しかも、結構高さのあるビルでも、とにかく竹で足場が組まれるのです。

なんで??

香港の気候は亜熱帯性気候。春から夏は高温多湿、秋から冬は温暖で乾燥した気候となります。

一番大きな理由は「安いこと」

同じ長さの竹と鉄パイプでは、値段が5倍以上違うらしい。香港は、中国から長くて質の良い竹材を安価に入手できる。

 1)材料が軽く

  2)組立や解体作業が容易で

  3)作業員の負担が大幅に軽減でき
  4)竹の特徴である「しなり」が重さで倒れる危険性を低くし
  5)湿度の高い香港では、鋼管足場では錆びやすく、管理も大変だが、竹は湿気を含むことで良く締まりかえって丈夫になる

 <出典:Wikipedia>
ビル建設時に用いる作業員の足場として、殆どの建設現場で大量の竹材が使用される。これは香港に隣接する広東省などで丈夫で安価な竹が大量に入手出来るからである。
 この竹材の足場を用いて高層ビルを建設するという方法は香港の他、マカオ特別行政区、台湾でも行われています。
 
 

竹の強靱さを建築学的に分析すると、鉄筋コンクリートの組織構造に例えられる。組織構造が頑強な上、中空になっていることから、木材に比べ軽い。

竹のパワー

そういえば、あまりに身近すぎて竹のこと、あまり知らなかったなぁ。

私の好奇心は、竹そのものに移っていきました。

竹は、昔から色々加工して使われるし、すごく繁殖力もあって根っこが特に凄い勢いで伸びるイメージ。

さらに、広島の原爆や、ベトナムの枯葉剤の影響も、あまり受けなかったとか・・。

竹は抗菌、鮮度保持能力に優れた素材として知られています。昔の旅人は、竹の皮でおむすびを包み、竹の水筒に水を入れ長旅へ備えましたが、これは竹の鮮度保持能力、抗菌作用を利用した先人の知恵であったといえます。

また「竹細工の職人は水虫にかからない」といわれているそうですが、実際に竹の含有成分中に白セン菌(水虫)に対する抗菌物質が発見されたそうです。一方、中国では竹のエキスは万病の秘薬とされており、現代医学でも制ガン効果があるとされている多糖体物質が、多く含有されていることが判っています。

動物の世界でもその効能を垣間見ることが出来ます。竹の笹を主食にするパンダの糞が全く匂わないのは、竹の含有成分に異臭を分解する物質を多く含んでいるからであり、野生の熊はその効能を利用し、狩りの前に竹の笹を食べ、体臭や息の臭いを抑えていると言われています。」

株式会社 アクティベイト

Hong Kong

香港 行き方 比較

香港への行き方

香港の新年

■飛行機

日本から直行便で5時間ほど。

旧正月(旧暦)は、特に混雑するので、手続きにいつもより時間がかかる場合があります。

■船・フェリー

中国やマカオから香港国際空港への便が出ています。深圳や澳門~香港までの所要時間は約60分。

また、フェリーで入国する場合、空港使用税は免除されます。

出国税について

香港国際空港で飛行機で出国する場合には、120HKDの出国税(departure tax)が徴収されます。通常は、飛行機のチケットを購入した時にチケット代と一緒に支払っています。

なお、香港国際空港でトランジットする場合には、出国税は適用されません。

この出国税は、香港空港から出国する際の条件によって返還(リファンド)される場合があります。

ただし、自分から申し出た場合に限られます。

詳細は香港政府サイトにて(英語)

具体例を挙げると、

香港→マカオ→香港国際空港:出国税還付される

逆に

香港からの出国(マカオ→香港→香港国際空港):還付されない。

 

手荷物検査を抜け、通路に出たらタックスリファンドを受けられるカウンターがあり、人が並んでいます。

一方通行であり、一旦エスカレーターで下ってしまうと戻ることはできませんので、ご注意ください。