竹の足場

歩いて見つけた香港のなぜ

竹の足場

写真は、香港で見かけた工事中のビル。

なんと、足場に竹が使われております。しかも、結構高さのあるビルでも、とにかく竹で足場が組まれるのです。

なんで??

香港の気候は亜熱帯性気候。春から夏は高温多湿、秋から冬は温暖で乾燥した気候となります。

一番大きな理由は「安いこと」

同じ長さの竹と鉄パイプでは、値段が5倍以上違うらしい。香港は、中国から長くて質の良い竹材を安価に入手できる。

 1)材料が軽く

  2)組立や解体作業が容易で

  3)作業員の負担が大幅に軽減でき
  4)竹の特徴である「しなり」が重さで倒れる危険性を低くし
  5)湿度の高い香港では、鋼管足場では錆びやすく、管理も大変だが、竹は湿気を含むことで良く締まりかえって丈夫になる

 <出典:Wikipedia>
ビル建設時に用いる作業員の足場として、殆どの建設現場で大量の竹材が使用される。これは香港に隣接する広東省などで丈夫で安価な竹が大量に入手出来るからである。
 この竹材の足場を用いて高層ビルを建設するという方法は香港の他、マカオ特別行政区、台湾でも行われています。
 
 

竹の強靱さを建築学的に分析すると、鉄筋コンクリートの組織構造に例えられる。組織構造が頑強な上、中空になっていることから、木材に比べ軽い。

竹のパワー

そういえば、あまりに身近すぎて竹のこと、あまり知らなかったなぁ。

私の好奇心は、竹そのものに移っていきました。

竹は、昔から色々加工して使われるし、すごく繁殖力もあって根っこが特に凄い勢いで伸びるイメージ。

さらに、広島の原爆や、ベトナムの枯葉剤の影響も、あまり受けなかったとか・・。

竹は抗菌、鮮度保持能力に優れた素材として知られています。昔の旅人は、竹の皮でおむすびを包み、竹の水筒に水を入れ長旅へ備えましたが、これは竹の鮮度保持能力、抗菌作用を利用した先人の知恵であったといえます。

また「竹細工の職人は水虫にかからない」といわれているそうですが、実際に竹の含有成分中に白セン菌(水虫)に対する抗菌物質が発見されたそうです。一方、中国では竹のエキスは万病の秘薬とされており、現代医学でも制ガン効果があるとされている多糖体物質が、多く含有されていることが判っています。

動物の世界でもその効能を垣間見ることが出来ます。竹の笹を主食にするパンダの糞が全く匂わないのは、竹の含有成分に異臭を分解する物質を多く含んでいるからであり、野生の熊はその効能を利用し、狩りの前に竹の笹を食べ、体臭や息の臭いを抑えていると言われています。」

株式会社 アクティベイト

香港 おいしいもの

香港は、もっぱら飲茶を目当てに食べに行っていました。

店の詳細は、店名をクリックしてみて下さい。

Champ Kitchen で食べたエビ

「ハーバービューのレストラン教えて!」とツーリストインフォメーションでいくつか候補店を教えてもらったうちのひとつ。

おしゃれな中華料理店で、おもてなしにちょうど良さそうな感じです。

ミシュランで1つ星を獲得し、香港でアワビといえば、で有名なレストラン「阿一海景飯店」が手がけた中華レストラン。ショッピングモールiSQUAREの29階に位置し、香港のハーバービューを楽しみながら点心や北京ダックといった定番中華が食べられます。

オコゼ料理で有名な広東海鮮料理の老舗チェーン店。

化学調味料、動物性脂肪を使わずに料理しているらしいです。

動物型点心が、ちょっとユニークです。思ったより小さな饅頭でした。

ここは、名前は忘れましたが、フェリー乗り場にあったカフェです。。

Exotic ginger marshmallow rice krispie
おこしの上に色々のっけてます。
ちょっと酸味が効いてさほど甘くない不思議な組み合わせ

Hong Kong

香港 行き方 比較

香港への行き方

香港の新年

■飛行機

日本から直行便で5時間ほど。

旧正月(旧暦)は、特に混雑するので、手続きにいつもより時間がかかる場合があります。

■船・フェリー

中国やマカオから香港国際空港への便が出ています。深圳や澳門~香港までの所要時間は約60分。

また、フェリーで入国する場合、空港使用税は免除されます。

出国税について

香港国際空港で飛行機で出国する場合には、120HKDの出国税(departure tax)が徴収されます。通常は、飛行機のチケットを購入した時にチケット代と一緒に支払っています。

なお、香港国際空港でトランジットする場合には、出国税は適用されません。

この出国税は、香港空港から出国する際の条件によって返還(リファンド)される場合があります。

ただし、自分から申し出た場合に限られます。

詳細は香港政府サイトにて(英語)

具体例を挙げると、

香港→マカオ→香港国際空港:出国税還付される

逆に

香港からの出国(マカオ→香港→香港国際空港):還付されない。

 

手荷物検査を抜け、通路に出たらタックスリファンドを受けられるカウンターがあり、人が並んでいます。

一方通行であり、一旦エスカレーターで下ってしまうと戻ることはできませんので、ご注意ください。