国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUEBリーグ」の試合写真です。

バスケットボールは、1891年 アメリカ、マサチューセッツ州スプリングフィールドの国際YMCAトレーニングスクール(現・スプリングフィールド・カレッジ)の体育部教官を務めていたカナダ人のジェームズ・ネイスミスの考え出したルールが、現在のバスケットボールの原型になっています。
アメリカでは、公園など公共の場所にリングが設置されており、ゴールリングを指す俗称から転じて「hoop」とも呼ばれています。

日本にバスケットボールが伝わったのは1908年で、YMCAの訓練校を卒業した大森兵蔵が東京YMCAで初めて紹介したとするのが現在の定説。そして1913年にYMCA体育主事のF.H.ブラウンが来日し、関東、関西で競技の指導に尽力し普及していきました。

2016年9月、NBLとbjリーグが統合した新リーグ「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)」が開幕したという経緯があります。

試合中の写真撮影および15秒以内の動画撮影は個人での利用を目的とした場合に限り可能となっています。

<選手のポジション>

・ガード(G)ポイントガード(PG)
ボールを運び、パスをしたり指示を出したりするチームの司令塔、ゲームメーカー。

・シューティングガード(SG)
長距離からのシュートやペネトレイションで得点を稼ぐ。また、ポイントガードの補助をしたり、スモールフォワードのように攻めたりする。

・フォワード(F)スモールフォワード(SF)
柔軟なプレイを求められる万能的ポジション。シュータータイプからインサイド型まで様々なプレースタイルが存在する。

・パワーフォワード(PF)
リバウンド、スクリーン、ゴール付近からのシュートとビッグマン対応のディフェンスを担当する。

・センター(C)
高い身長とパワーが必要とされる。リバウンド、スクリーン、ゴール下での得点とディフェンスでチームを引っ張る。