ジャイプールは、ラジャスタン州の州都。別名「ピンクシティ」。
道路も比較的整備されていて、交通量も多いです。ですが、ふっと横を見ると、ゾウタクシーとすれ違ったりして、度肝を抜かれます、
1876年、イギリス王子がジャイプールへ訪問した際、歓迎の意味を込めて街中にある建物をイギリス王子が好きなピンク色に塗ったことから由来だそう。
Youtube多めでご紹介です。
今回はShahpra House Hotel に1泊。
マハラジャであるShahpra 王家の子孫 Maharaj Surendra Singh ji によって管理されているの離宮で、とても豪華な空間でした。

 
ここでは、ジャイプール特産、ブロックプリントで有名なお店、アノーキ(ANOKHI)併設カフェでランチ。
ブロックプリントについての動画。

 
アノーキでのショッピング動画。

ニューデリーの空港にあったFabIndiaも可愛いお店です。

インパクト大なイタリアンバー、Bar Palladio

プロモーションビデオでも使われたそうです。夜の雰囲気はとてもロマンチック。
イタリアのオーナー、Barbara Mioliniの構想と、Toccaの操業に関わった オランダのデザイナーMarie-Anne Oudejansによる内装デザインが見事にマッチしていると思います。
歴史的なNarain Niwas Palace Hotelの大胆に修復された庭園内に位置しています。 さまよう孔雀、熟したマンゴーの木、そして張り合わせられた天蓋付きの庭園があり、オリエンタル、インド、ヨーロッパの融合したユニークな空間です。
Tocca オフィシャルサイトより

1994年。
カリブ海に浮かぶ島・セントルシアに、イタリア人の実業家で写真家でもある
エドアルド・マンテリが、友人たちと新年を祝うために訪れていました。
そこで行われたパーティで、一人で旅行に来ていたオランダ出身のマリーアン・オーディエンスと出会います。彼女が持って来ていた自作の4着のリゾートドレスが、エドアルドや、その友人VOGUE編集者グロリア・バウムらの目に留まったのが 始まりでした。



 
 

お願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、下記のチケットをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

投げ銭

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても大丈夫です。