Inspiration from photo

人は、「違い」に目がいく。 「いつもと同じ」は目に入らない

今、私はブログでも自分を表現しようとしていますが、知り合った人からも、様々なことを学ぶことが多くあります。

でも、日々は矢のように流れていってしまい、人は忘却の彼方に置いてきぼりにすることもある。

だから、自分なりに、時々、こうしてハッと気づいたことを書き留めて置こうと思います。

私が生まれる前にも、ずっと繰り返された生の営みで積み重ねられた知恵は、今なお、残り続けていること。そこに普遍性があると感じています。

私は、世界のひとかけら であること

雪の中の美瑛の木

[ 朝の満員電車、無理にでも入る人たちを見て、

「きっと僕が日本を知らない外国人旅行者なら、写真や動画を撮って、地元の友達にSNSを通して見せたり、『日本ってこういう国だよ』と伝えたりしたんじゃないかなあ」

と、ふと思った。

でも、「日本中どこでもあること」ではないし、「それが日本である」と伝えられるのも、ちょっと違和感がある。

僕が、海外で見聞きしたこと、体験したことも、こんな風に伝えたりしていないかな、とも思う。

平和な頃のシリアにいたとき、
すごく年代物の車が現役でバスとして走っていて、それがあまりに格好よくて写真に撮った。

僕の撮った写真を見て、塾を経営するシリア人の友達が「こんな写真を撮ったら、シリアが途上国みたいじゃないか」と嘆いた。

「キレイなビルとか新しい車とか、もっとそういうのを撮ってくれよ」と。

人は、「違い」に目がいく。
「いつもと同じ」は目に入らない。]

伝えるには何をどう伝えるかに加えて、

「思いを馳せ、伝える時に、優しい想いの源泉から出ているかどうか」

の検証が必要であること。

このことを気づかせてくれたのは、Piece of Syria 代表の中野貴之さん。ずっと国際協力の最前線で現場に関わって来た人です。

ビジネスとして、「想いを馳せないからこその、「強い表現」の方が早く強く広まってしまう」面は、あると思います。でも最近の流れでは、時間がたつほどに、「それ、ほんまか?」と見抜ける人も多くいます。

伝えたい想いと、
実際に相手に伝わっていることの差は、
すごく意識してないとうまくいかないということ。

そして、自分の見たこと、知ったことはほんの一部の事実。事実だけど、一部。

自覚すればするほど、伝えることに不安になります。。。
でも、だから伝えないってことも違う、、、

自分の経験を共有することの大切さと難しさは、そこなんだというのは知ってほしいな。

「実際には行かないで「誰かに伝えられる世界」だけを見ていると、
肝心なものが目に入らない世界を「現実」としてとらえるかもしれない。

だから、僕はシリアで起こった危機を、
自分の目で見る旅に出た。

そこには、ジャーナリストの目に写っていなかった「世界」が、確かにあった。

でも、きっと、それもまた、
何かを見逃した「一つの世界のカケラ」なのだ。」

(中野 貴之)

エスニックといえば、辛いもの、と思っていても、実際、トルコ料理はヨーグルトや野菜もふんだんに使いますし、西洋料理の源泉になる料理もたくさんあります。

人ごとだと、途端にステレオタイプで観てしまっていないか。違う土地の話が混ざって伝わってしまうこともあるかもしれない、情報以外にも伝えられていない情報があるかもしれない、立場によっても体験することは異なる。

健康な人間の生き方としての9つの目標

アルバート・エリスによる『健康な人間の生き方としての9つの目標』

Ⅰ.自己の利害(Self-interest)について率直であり、モラル・マゾヒズムに陥らないこと

人生のテーマが何になりたいのか、ではなく、何をしたいのか、であり、それを実現しようとする。

自分自身の利害にさとく、しかし、そのことに後ろめたさを感じることなく、我が道を歩んでいく。他人の反応に一喜一憂することはなく、実に堂々としている。

Ⅱ.自律(Self-direction)的であり、他人をあてにしない

自分の未来を方向付けるのは、自分自身である。決断を先送りせず、自他の責任を明らかにする。甘えを排する。

Ⅲ.寛容(Tolerance)であり、他の人が過ちを犯す権利を認めている

不寛容な人のように、正義の立場を口実にして、実は自分の嫉妬心を正当化するようなことがない。

Ⅳ.曖昧な状態に耐える(Acceptance of uncertainty)
  強迫的に思い込まない

すぐに短絡的な安直な答えを出そうとはしない。わからないことはわからない、とする。

目の前の現実は、無限の多様性の混沌(Chaos)である。現実世界は、自分なりに再構成した虚構(Fiction)であるということを自覚していることが大切である。

Ⅴ.柔軟性(Flexibility)があり、偏見なくものごとの変化を見極める

心の新鮮さを失わない。
毎日の繰り返しの中に、新しい発見ができる。そして新しい知見にも対応できる。

新鮮な気持ちは失いやすく、偏見に基づいて判断してしまいやすいので、自戒とする。

Ⅵ.現実に即した科学的思考(Scientific thinking)ができる

自分に都合の悪いことから目をそらさず、自分を正当化できるような相手・情報だけに身をすり寄せないこと。冷静に客観的にものごとをみて判断できるようにする。

Ⅶ.熱意が枯れない(Commitment)

人を信頼することができる。
なにかの可能性に夢中になれること。相手をあやつろうとして嘘をついたり、すぐにあきらめ、しらけた態度をとらない。

Ⅷ.果断である(Risk taking)

果敢にRisk Takingができる。

失意のうちにあっても、自分の失ったものと、代償に得ることができたものの数を数えることができる。

逆境にあっても、その逆境に耐えている自分の矜持を讃えることができる。勇気と希望を失うことがない。

Ⅸ.自己受容(Self-acceptance) 
  あるがままの実寸大の自分を受け容れている

現実の自分を受け容れている。自分の強みも、そして弱みも自覚している。それでいて自己評価は高い。自己嫌悪には陥らず、あるがままの原寸大の自分を受け容れている。

自分の身の丈を心得ているため、人前で虚勢を張ることはなく、身の程知らずの夢を追うこともない。