映画「ジョーカー」のオフショット写真が公開

トッド・フィリップス監督の映画「ジョーカー」は、アメリカの漫画「バットマン」のヒール役、ジョーカーを主役にした映画です。2019年公開後、世界中で一大ブームとなりました。

色の使い方が絶妙です。

公開されたオフショット写真はこちら

この投稿をInstagramで見る

Weekend. Although at this point, what’s the difference? Stay safe.

Todd Phillips(@toddphillips1)がシェアした投稿 –


役作りのため、主役のホアキン・フェニッックスは、24kg減量したそうです。
そのため、手首もすごく細い・・・撮影現場は、テイクを重ねることも多いので、体力維持も大変だったろうな・・・

撮影のカメラが写っていることで、よりオフショットの写真に魅力が出ている感じがします。また、撮影場所であるニューヨーク ブロンクスの実際にある階段で、大勢の人が主人公の真似をして階段を降りる現象も起こりましたよね・・・奇しくも、香港のデモにも影響を与えました。

階段を使った意味

主人公がなぜ階段を使ったか?

登る・・・重苦しい日常へ向かう陰鬱な気持ち

降りる・・・悪への堕落と、日常からの解放

といった主人公の心情と重なっています。

写真に意味や物語が加わると、ここまで訴えかけるものが変わるのですね。

私は、オフショットが、そこに多面的な魅力を加えられると感じます。

出来上がった映画に、より奥行き感が出るというか・・・

脚本を読んでいることによって、より、世界観のポイントが分かるというのもあるかもしれないなー

本編より

この投稿をInstagramで見る

Technically it comes out Thursday night. #Joker is coming.

Todd Phillips(@toddphillips1)がシェアした投稿 -

個人的にオフショットの使い道について

あとは、自主制作映画では、シーンを時系列で撮影できることが少ないので、シーンや、役者の服装、メイクのつながりを確認する記録的な意味もあるなぁ。