アート体験:何気ない日常をさらけだす – Fox-walk Photo Gallery

アート体験:何気ない日常をさらけだす

アンティークの時計

2014年11月1日 (土) から 2014年11月5日 (水)に行われた、大阪大学にアーティストが滞在して芸術創作を行うシリーズ。

フランス在住のポルトガル人写真家ジョアン・ガルシア氏が、北摂に残る文化財とともに、「声なき声(記憶)」をテーマとして、この地のファンタジー(ゆめまぼろし)を創るというイベント内、写真のワークショップに参加しました。

何気ない日常を、ゆめまぼろしに変えるガルシア氏。

彼の思考を少しでも辿りたい。そんな中で、浮かんだことが、私の夢うつつの映像でした。

<ワークショップ参加作品>

“Nightmare in the kitchen”
暗がりは、どこかに何かが潜んでいそうな気配を醸し出す

 

Kamishinden Fantasy 公式サイト

João Garcia

ジョアン・ガルシア(リスボン 1976年生まれ)

ポルトガルでジャーナリズム、スペインで美術を学ぶ。写真家、デザイナー、映像作家としての経験を活かして、様々な国のアーティストや団体(ポルトガル、スペイン、チリ、フランス、日本、ニュージーランド、ニューカレドニア、アルジェリアなど)と共同制作を行う。2006年より拠点をフランスに移す。現在はグラフィックデザインスタジオ・アンティシャンブル運営の傍ら、La Rochelle大学で非常勤講師を務める。1999年より数々の個展を開催。今日彼は、写真を通して、日常に潜む知られざる美にアプローチし、イメージの持つ力を試し続けている。

夜、それは夢がきらめく時間。想い出は予期せぬ仕方で絡み合い、新しい物語を紡ぎ出す。生まれた物語たちは次第に想い出と成り、また新たな夢を育む。「Kamishinden Fantasy」は、夢と記憶とが同じものからできていることを覚る場になるだろう。写真家として私は、自分の作品がこのプロセスの一部となること、そして私があらゆるファンタジーの可能性を自分のうちにもたらし得ることを信じている。旧新田小学校の歴史、その近隣の地域や建物、住民、そして自分自身の体験から、新しく、想像もつかないようなファンタジーが、夕闇に差し込む光のもとに浮かび上がる。それを「Kamishinden Fantasy」と呼んでみたい。

(写真家/アンティシャンブル ジョアン・ガルシア)

Photographer