この映画は、観客に「想像する余白」を与えてくれます。

それが、観た時のあなたの心の状態を投影していると言えます。今回は違和感でしかなかったものが、次回は心に刺さってきたり、何も感じなかった場面で、そういうことか!と腑に落ちることも。
人生の節目で何度も観ると、より感じるものがありますよ。

その場で演技しながらの演奏録音ができたという、大変珍しい作り方をした映画でもあります。

ですので、映画の感想も、ふーん、と思う人もいれば、感情移入して泣けた人、イマイチやん、でも気になる、と思う人、観た人の数だけ、価値観の違いがあって、それを楽しむ映画で、それが映画の楽しさですよね。

みんな違って、みんな良い。

オーディションで選ばれたキャストは、ポーランド、ウクライナ、イタリア、日本と出身国も様々。曲は日本の現代曲、ショパン、ラフマニノフが使われています。

元町映画館満席

ドリパス上映 目指せファン1000人

西宮市を舞台に撮影した映画ですが、西宮市は、ガーデンズの映画館1館のみ。

ドリパスサイトでのファン投票で、映画館上映候補リスト入り、チケット購入枚数が条件を満たすと、上映会開催が決まるというものです。

西宮発の小さな自主映画プロジェクトですが、地域の皆様、音楽·映画を愛する皆様の気持ちが結集しました。本当にありがとうございます。

まずはドリパスでファン登録を!!!

目標ファン数、目指せ1000人!

1000人を超えてくるとランクが上りやすく。再上映の可能性が高くなっていきます♥️
ドリパスではそうやって長く上映が続いている作品が多くあります。