映画の舞台裏は、どんな感じだった?

エフエム宝塚出演した時、パーソナリティの人に、「私の撮った映画撮影時の写真は、どこで見られるのですか?」という質問を受けました。

映画を撮影する時って、現場はつまり、この世に実在しない世界を作り上げています。

なので、余計なものが映り込んだり、音が入ったりすることで、その映画の世界観が壊れてしまうこともあります。

そんなわけで、なかなか見ることのない、その時にしか撮れない、貴重な写真でもあるのですが、それが、プロデューサーのアイデアで、経営するカフェでも、ご覧いただけるようにしていただいております。

ハッセルハウスという名前のカフェですが、現在、水、木、金、土は、Tomoka’s Cafe という、朋花さんがマスターの、シェアカフェとして営業されております。

映画をご覧になった方、おしゃれなカフェの2階で、ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

カフェでは、にしきたショパンCDも、販売中です。

CDジャケット

映画をご覧になりたい方へ

現在、あちらこちらで、コアなファンができつつある、にしきたショパンですが、ただ上映して終わりという、今までのような映画とは、少し異なる道を模索しています。

スポンサーの意向が入らなかった自主映画で、竹本監督の感性を尊重したプロデューサーの意向が大きい映画であるという点が、ユニークだからでしょうか。

作品中には、何度でも、見るたびに印象の変わる、仕掛けがたくさん散りばめられています。

そして、映画を応援したいという、ファンの皆さんの熱意も大きいと思います。

引き続き、楽しみにいていただけると嬉しいです。

コンサート付き上映会を企画したい方へ

FB公式ページより。

「映画上映料の他に、ホール使用料、ピアノ等ホール設備使用料、調律費、プロジェクターレンタル費、映像技師人件費、演奏者の謝礼·交通費、チラシ等印刷費用などが必要となります。

本来地元の皆様の熱意とご協力があれば、企画は可能です。しかし客席制限などコロナ禍では実現が厳しい状況です。

演奏者の派遣、プロジェクターレンタル費用、映像技師費用が何らかの形で補助できれば可能性が拡がると文化庁のAFF補助金二次募集等の検討をしております。

しかしながら6月末から募集がスタートするはずの二次募集もまだ一次の審査も進まず募集があるかもはっきりしません。

できる限り自助でとの思いで取り組んでおりますが、企画を希望される地元の皆様の応援も得られる方法としてクラウドファンディングも検討しています。

にしきたショパンをご覧いただいたり、左手のピアニスト、沼光さんの演奏に感動してご相談してくださった各地の皆様の気持ちになんとか応えたい。

コロナにより映画も音楽も厳しい状況ですが、人間はパンだけでは生きれない。
にしきたショパンスタッフ、キャストにも輝ける場を作りたい。

引き続きにしきたショパンスタッフ、キャストと共に、小さな一歩でも前へ進むことを考えていきたいと思います。」

スポンサーの申し出もあれば、大歓迎。引き続き、FBページをチェックしてみてくださいね。