撮影の活動日誌

FilmPR
,

ラジャスタン地方のお店情報<ジャイプール>

ジャイプールは、ラジャスタン州の州都。別名「ピンクシティ」。 道路も比較的整備されていて、交通量も多いです。ですが、ふっと横を見ると、ゾウタクシーとすれ違ったりして、度肝を抜かれます、 1876年、イギリス王子がジャイプールへ訪問した際、歓迎の意味を込めて街中にある建物をイギリス王子が好きなピンク色に塗ったことから由来だそう。 Youtube多めでご紹介です。 今回はShahpra…
FilmPR
,

トルコ音楽の魅力 サズの響き

サズはトルコを含むバルカン半島周辺を中心に演奏され、イランのセタールに起源を持つ、とても歴史の古い民族楽器です。 音色は、どこか草原をわたる風、または笹の葉がそよぐような風を思い出します。 そして、風はどこからともなく来て去っていく吟遊詩人のよう。 シルクロードをとおり、時を超えて、サズは、やがては沖縄の三線や三味線にも派生しています。 民謡から現代音楽まで演奏ができ、その場の雰囲気を感じ取って即興で奏でられることも多いです。   篠山初 トルコ音楽ライブ   フライヤー写真およびデザインは、たたき台を私が作り、篠山在住の友人と意見を出し合いながら作成したもの。 友人も1年ほど前に篠山に越してきたばかり。 久しぶりに私たちがセファを囲んで話をしたのがきっかけで、このイベントが立ち上がりました。 場所は、有機栽培の焙煎豆を使ったコーヒー店、Magnum…
FilmPR

タップダンサー:越替由美さん(Yutty)

現在、ニューヨーク在住のタップダンサー Yuttyさんが一時帰国でイベントを開催されました。 <タップダンス・ワークショップ> 今回は、公演前に行われたタップダンスワークショップにも参加。 子供から大人まで、様々なレベルの方がいました。靴もレンタルで用意してもらい、さぁ挑戦。 初めてタップをふむ。自分の中にリズムのストックが少ないので、ひたすら真似る。 コピー能力で勝負や!と集中して、3回ほどの繰り返しでワンフレーズをなんとかついていったら、先生の方が、「え!もう出来てますね。すごい!」と言われましたが、所詮は短期記憶・・・ ちょっと時間置くと、忘却曲線が急カーブを描く・・・(笑) 音楽に馴染まなくては! 靴のどの部分をどうあてると、どんな音になるか、をもう少し追求したくなりました。   <タップダンス ライブ> ライブパフォーマンスの部は、満員の観客。 あっという間に時間が過ぎ、最後は子供も大人も混じって、簡単な手拍子とステップで生演奏で踊って、みんな笑顔が素敵でした。 最後、タップダンスの生徒たちで、タップダンスでは定番だという「Shim…
FilmPR

フラメンコとUK Jazz ( 辻川輝さん、Irven Lewis, Mittoさん)

フラメンコダンサー 辻川 輝 さん主宰の Estudio Por Dios によるフラメンコライブ、 春祭り(Fiesta de la Primavera) 第2部を撮影させていただきました。 大迫力の踊りを観に、約100人の観客が来場。 ハレオ (Jaleo、かけ声)が場を盛り上げます。----『オーレ!』(アラー由来?といわれる掛け声)、『ビエン!』(good、いいぞ、の意)など。 フラメンコという芸能の成立に大きな影響を与えたのはヒターノと、いわゆるモーロ人(ムーア人)、 すなわちイベリア半島や北アフリカに住んでいたイスラム教徒という2つのエスニック・グループが影響していると言われていますが、文字がないため、詳細は謎が多いそうです。 出演 ミゲル…
FilmPR

ビジネス用プロフィール写真撮影 男性版

ご縁あって、プロフィール写真の撮影依頼を受けました。 その方がコンサルタントをされるとのこと、また、どのサイトにアップするかなど、そしてバストアップのみ、というフォーマットが決まっていました。それで、サイトを訪れた人に信頼感を与えられるような表情をイメージして、撮影に臨みました。 そのためには、やはり自然な笑顔が良いかな、と、ご本人が熱意を持って取り組まれている話題について、話しながらの撮影、となりました。 話が盛り上がるにつれて、自然と良い表情が出てきて、こんな感じになっております。 熱い情熱を持った、好奇心旺盛な方でした。 ますますのご活躍をお祈りしております。 …
FilmPR
,

Electro Caravan 映像と音楽と踊りの響宴

  見事なコラボレーション 今回のイベント「Electro Caavan」は、カナダ出身の Charles Eric-Billadさんが各ダンサーのために用意した音源と映像が融合したパフォーマンスでした。 お客さんも国際色豊かに、たくさんの方が来られていました。 私も、久しぶりに会った方が声かけてきて、握手したり。 どうも、好みが傾向が同じ場では自然と、人同士が繋がって行くものだと感じました。 さて、舞台はというと、これまた、瞬きさえ奪うほど、刻々と変わって行く、目の離せないショーでしたよ。 見たことのないものを世に出す、て、とてもエネルギーが要るし、その分、反応が来たときの喜びは大きいんだろうなぁ。 https://www.youtube.com/watch?v=XE02zSBT4ko 出演: Dancers…