3月20日(土)春分の日。
ついに、応援してきた映画「にしきたショパン」が公開日を迎えました。

20日の舞台挨拶は、関西は、近藤さん、中村さん、野々村さんの3名。

一方で、関東は、舞台挨拶は見送られ、オンラインイベントに、竹本監督、水田さん、沼光さんの3名で、それぞれ分かれて、行われました。

「にしきたショパン」は、2019年9月にクランクアップ、編集作業を経て、突如、新型コロナの流行によりスケジュールは大幅に変更を余儀なくされました。

そして、流行を抑えるために、人とのリアルな交流や移動が制限される日々が続いています。

少し制限の緩和されたこの時期、果たしてどれほどの人が来てくれるのか?

ミラノ国際映画祭で作品賞受賞してから、ラジオ出演や、新聞記事にたくさん取り上げていただき、関西では、多くの人が知るようになったようです。

元町映画館

最初の舞台挨拶を行う元町映画館に上映30分前に到着すると・・・・

元町映画館へ続く行列

長蛇の列!!!!

この列に並ばれた55名ほどは、座席数オーバーで、お帰りいただくことになってしまいました。

この上映館のシステム上、当日先着順となっており、1週間限定で、1日一回上映なのです・・・

せっかくお時間を作って、楽しみに並んでいただいたのに、大変申し訳ない気持ちに・・・
2時間前から列ができていたとは・・・まったく予想外な出来事。

そして、上映前には・・・・ 「連日、満席の可能性あり」 実際、翌日も満席だったと・・・

元町映画館満席

元町映画館のサイトででも、その模様がレポートされています。

この映画を楽しみにお待ちいただく方で開館前から行列ができ、満席で初日を迎えました。

コロナで、感染対策のためただでさえ少ない座席数を減らさざるを得なかったミニシアター。

厳しい経営状態が続いていましたが、この作品で、応援することにもつながりました。映画館側も嬉しい結果だったことでしょう。

パンフレットを購入いただいた方限定で、サイン会も行いました。

シネ・ヌーヴォ

こちらは、ネットで座席を指定できるシステムの映画館。
こちらもやはり、満席となりました。

シネヌーヴォ満席

舞台挨拶は、凜子の母親役である楠部様が進行係をつとめられました。

映画「にしきたショパン」公開記念YouTubeライブ

関東では、PTNA主催 ピティナ ピアノチャンネル PTNA  にて、Youtubeライブが行われました。





この映画は、パンフレットにだけ、演奏曲や演奏者プロフィールなど、詳しい情報が載っています。

公式サイトには載っていない情報も!

800円で販売中ですので、ぜひ、興味を持った方はお手に取ってみてください。

プロデューサーと、デザイン会社SSsize Labの渾身の共同作です。

制作にあたり、私も多くの素材を提供でき、大変嬉しく思っております。