2019年9月に無事、クランクアップした映画「にしきたショパン」は、現在、映画祭出品に向けて、編集作業が進められています。

MAという音声関係の仕上げや字幕など作業に入っています。
そして、3月頃から国際映画祭へ応募。国内上映は11月頃を目処にしているとのこと。

上映チャンスを増やすためにも、まずは「にしきたショパン」という自主映画に多くの方に興味を持っていただければと思っています。

人生に訪れる苦難。それでも、人は苦難を乗りこえる力がある!!

そんなメッセージを映画に込めています。

というわけで、映画「にしきたショパン」Youtube チャンネル開設をお知らせいたします。

私も、iPhone動画と一部動画編集で協力いたしました。

チャンネル登録や、シェア、拡散をいただけると大変嬉しいです。

まずは、にしきたショパン メイキング映像から。

FBページ「にしきたショパン映画化への道」よりプロデューサーのコメント:

劇場公開のお問い合わせをいただきますが、まだまだ壁はございます。

国際映画祭に挑戦し、海外で受賞してもなかなか国内上映が難しいのが現状です。

地元の独立系映画館で上映を目指し、そこで高い評価をいただければ、全国の独立系映画館へというのが自主映画の一般的な道筋です。

独立系映画館では国内外のなかなか取り上げられない隠れた名作、話題作、問題作を上映していてシネコンとはまた違う魅力があります。

また単独でホールなどでの上映会を開催する、もしくは上映していただけるところにコンテンツとして有料で提供するというパターンもあります。

「カメラを止めるな」のように全国のシネコンで上映というのは本当に滅多にない話です。

万一そういう話になれば、配給会社と契約し、商業映画と同じようなルートで上映していくことになります。

映画予告編

監督・編集 竹本 祥乃

左手のピアニスト応援・コンサート舞台裏の記録映像

「にしきたショパンは「阪神淡路大震災の記憶を語り継ぐこと」にテーマしていますが、地震の恐ろしさを伝えることは難しい。

しかし、その後懸命に生きている姿や、笑顔を伝えることはできると思っています。

それともう一つこの映画に取り組むことを決めた理由。

それは若い才能を応援すること。

竹本監督の才能・努力を応援すること、

震災後に産まれた主役の水田汐音さんや、中村拳司さんを応援すること、

成長の機会をつくること」

プロデューサーは、そう語ります。

私も、同じく、この映画に関わった人たちを応援していきます。

お願い

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、下記のチケットをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

投げ銭

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても大丈夫です。